対数スケール

ここでは gnuplot でグラフの軸を対数スケールに変更する方法を紹介します.


対数スケールを使用する

対数スケールを使用するには set logscale コマンドを使用します.

書式

set logscale <軸> <基数>

ここで <軸> には,x, x2, y, y2, z, cb の任意の組み合わせを指定します.<軸> が指定されなかった場合は全ての軸が対象となります. また,<基数> には対数スケールの底を指定します.<基数> が指定されなかった場合は 10 になります.

gnuplot> set logscale y # y軸を対数スケールにする
gnuplot> plot exp(x)

出力

y軸を対数スケールに設定をしたexp(x)

対数スケールを使用しない

対数スケールを解除するには unset logscale コマンドを使用します.

書式

unset logscale <軸>

ここで <軸> には,x, x2, y, y2, z, cb の任意の組み合わせを指定します.<軸> が指定されなかった場合は全ての軸が対象となります.

gnuplot> set logscale # 対数スケールを使用する
gnuplot> unset logscale # 対数スケールを解除する
gnuplot> plot exp(x)

出力

exp(x)

対数スケールの状態を表示する

対数スケールがどのように設定されているかを表示するには show logscale コマンドを使用します.

書式

show logscale

gnuplot> set logscale xy # x軸とy軸を対数スケールにする
gnuplot> show logscale # 対数スケールの状態を表示

出力

logscaling x (base 10) and y (base 10)