目盛の間隔

ここでは gnuplot でプロットしたグラフの目盛の間隔を変更する方法を紹介します. なお,gnuplot のグラフの目盛には大目盛と小目盛があります.デフォルトでは小目盛は対数スケールのときのみ表示されます.


大目盛の間隔を変更する

大目盛の間隔を変更するには,以下のコマンドを使用します.

コマンド意味
set xticsx軸の大目盛りの間隔を変更する
set x2ticsx2軸 (グラフ上側のx軸) の大目盛りの間隔を変更する
set yticsy軸の大目盛りの間隔を変更する
set y2ticsy2軸 (グラフ右側のy軸) の大目盛りの間隔を変更する
set zticsz軸の大目盛りの間隔を変更する
set cbticsカラーボックスの大目盛りの間隔を変更する

書式

set xtics <目盛の間隔>
set xtics <目盛の開始位置>, <目盛の間隔> {,<目盛の終了位置>}
x2tics, ytics, y2tics, ztics, cbtics についても同じ書式が使用可能です.

gnuplot> set xtics 1, 2, 10 # x軸の大目盛を間隔を2に設定する(1-10)
gnuplot> set ytics 3 # y軸の大目盛を間隔を3に設定する
gnuplot> set x2tics 3 # x2軸の大目盛を間隔を3に設定する
gnuplot> plot x

出力

大目盛の間隔を変更した結果

小目盛の間隔を変更する

小目盛の間隔を変更するには,以下のコマンドを使用します.

コマンド意味
set mxticsx軸の小目盛りの間隔を変更する
set mx2ticsx2軸 (グラフ上側のx軸) の小目盛りの間隔を変更する
set myticsy軸の小目盛りの間隔を変更する
set my2ticsy2軸 (グラフ右側のy軸) の小目盛りの間隔を変更する
set mzticsz軸の小目盛りの間隔を変更する
set mcbticsカラーボックスの小目盛りの間隔を変更する

書式

set mxtics <目盛の間隔>
mx2tics, mytics, my2tics, mztics, mcbtics についても同じ書式が使用可能です.

gnuplot> set mxtics 2.5 # x軸の小目盛の間隔を2.5に設定する
gnuplot> set mytics 2.5 # y軸の小目盛の間隔を2.5に設定する
gnuplot> plot x

出力

小目盛の間隔を変更した結果