コマンドの保存とロード

ここでは gnuplot でコマンドの保存とロードを行うための方法を紹介します.


コマンドを保存する

gnuplot のコマンドを保存するには save コマンドを使用します.

書式

save <ファイル名>

gnuplot> set xrange[0:10] # x軸の範囲を0から10までに
gnuplot> set ticscale 4 1 # 目盛の長さを変更
gnuplot> set grid # グリッドを表示
gnuplot> set logscale y # y軸をlogスケールに変更
gnuplot> plot x*x
gnuplot> save 'test.gpi'

出力

以下のグラフを出力するためのコマンドが test.gpi という名前のファイルに保存されます.

コマンドの保存

コマンドをロードする

gnuplot のコマンドをロードするには load コマンドを使用します.

書式

load <ファイル名>

load 'test.gpi'

出力

test.gpi に記述されているコマンドが実行されます.

コマンドのロード