グラフの外側のマージン

ここでは gnuplot でプロットしたグラフの外側のマージンを設定する方法を紹介します.


グラフの外側のマージンを設定する

グラフの外側のマージンを設定するには以下のコマンドを使用します.

書式

set lmargin <マージン> # 左マージン
set rmargin <マージン> # 右マージン
set tmargin <マージン> # 上マージン
set bmargin <マージン> # 下マージン

ここで <マージン> の単位はgnuplotの表示領域の幅と高さを1とした値です.

gnuplot> set lmargin 5
gnuplot> set rmargin 5
gnuplot> set tmargin 5
gnuplot> set bmargin 5
gnuplot> plot x

出力

グラフの外側のマージンを設定した結果

グラフの外側のマージンの設定を解除する

set tmargin,set bmargin,set lmargin,set rmargin コマンドで設定したマージンを解除するには それぞれ unset tmargin,unset bmargin,unset lmargin,unset rmargin コマンドを使用します.

書式

unset lmargin # 左マージンを解除
unset rmargin # 右マージンを解除
unset tmargin # 上マージンを解除
unset bmargin # 下マージンを解除

マージンの状態を表示する

set tmargin コマンドなどで設定したグラフの外側のマージンの状態を表示するには show margin コマンドを使用します.

書式

show margin

gnuplot> set lmargin 5
gnuplot> set tmargin 5
gnuplot> show margin

出力

lmargin is set to 5
bmargin is computed automatically
rmargin is computed automatically
tmargin is set to 5