媒介変数表示

ここでは gnuplot で媒介変数表示を用いてグラフを描画するためのコマンドを紹介します.


媒介変数表示を使用する

媒介変数表示を用いてグラフを描画するには,媒介変数モードを使用する必要があります.媒介変数モードを ON にするには set parametric コマンドを使用します.

書式

set parametric

媒介変数モードを ON にすると媒介変数 t, u, v が使用可能になります.
二次元グラフの描画には 媒介変数 t を,三次元グラフの描画には 媒介変数 u と v を使用します.

例1. (二次元)

gnuplot> set parametric # 媒介変数モードON
gnuplot> plot 0,t

出力

媒介変数表示を用いて二次元グラフを描画した例

例2. (三次元 u のみ使用)

以下の例では gnuplot で空間中の直線を描画しています.

gnuplot> set parametric # 媒介変数モードON
gnuplot> set xrange[-1:1] # x方向の描画範囲を設定
gnuplot> set yrange[-1:1] # y方向の描画範囲を設定
gnuplot> set ticslevel 0
gnuplot> splot u*0.3+0, u*0.4+0, u*0.5+1

出力

媒介変数を1つだけ用いて三次元グラフを描画した例

例3. (三次元 u,v の両方を使用)

以下の例では gnuplot で半径1の球を描画しています.

gnuplot> set parametric # 媒介変数モードON
gnuplot> set urange[0:2*pi] # uの描画範囲を設定
gnuplot> set vrange[0:2*pi] # vの描画範囲を設定
gnuplot> set ticslevel 0
gnuplot> set size square # グラフの縦横比を1:1に設定
gnuplot> splot cos(u)*cos(v),sin(u)*cos(v),sin(v)

出力

媒介変数表示を用いて三次元グラフを描画した例

媒介変数表示を使用しない

媒介変数表示を使用しないようにするには unset parametric コマンドを使用します.

書式

unset parametric

媒介変数モードの状態を表示する

現在の媒介変数モードの状態を表示するには show parametric コマンドを使用します.

書式

show parametric

gnuplot> set parametric # 媒介変数表示を使用する
gnuplot> show parametric

出力

parametric is ON